妻の掛金も全額控除! voice8

妻の掛金も全額控除!

司法書士 Tさん

加入:平成3年5月1日(加入時39歳1ヶ月)

 サラリーマンの方なら国民年金プラス厚生年金金がありますが、自営業の人は国民年金しかない。65歳からの給付額も月6万5千円余程度なので、何か入りたいと思っていた時に基金制度が誕生し加入しました。
 メリットは、掛金が全額基礎控除になることですね。妻も加入しているので2人分控除になります。私も妻も30代で加入しているのですが、妻の方が若いので掛金が若い分口数を多く掛けています。ですので、妻の方がもらう額も多いんですよね~。加入時で利回りが決定しているので、基金ができた当初の利回りがそのまま生きているのもメリットですね。デメリットは、ありませんね。しいて言えば早く死んだらもらう額が少なくなることですかね。国民年金は死亡したらほんの少しの一時金しかでない。基金は一時金が出るので、残された人のためにも安心です。
 厚生年金は、半額事業主が掛金を出してくれますが、国民年金は自己責任です。年金への不信感や少子高齢化が進んでいますが、自分のことは自分で若いときから考えないといけませんね。